世界の飛行機の機体

世界には様々な機体をした飛行機があります。 例えば日本の飛行機なら、YS-11というものがとても有名です。 これは戦後の日本の代表的な国産機です。 敗戦後、日本の技術を結集、設計し作った日本初の本格中型旅客機で、1965年に飛び始めました。 現在は日本で見ることはありません。 というのも、2006年に日本の空を飛ぶことはなくなったからです。

稀に海外でこの機体を見かけることができます。 この飛行機を設計した方たちは皆、軍用機しか設計したことがなかったので、ところどころにその特徴が見られます。 オートパイロットでないのは当然、片手運転もできないほど重く、フル人力操舵です。 現代からは信じられません。

アメリカで作られた飛行機ならば、ダグラス DC-3は航空機史上で最も重要といっても過言ではありません。 この機体は大量に作られました。 時代は戦争の真っ只中で、アメリカ軍が大量に発注したからです。 戦争が終わると同時に民間に供給されるようになり、この機体は世界中の航空会社に役立ちました。

非常に優れた飛行機で、特にエンジンは評価が異常なほど高く、運用から約70年たっている今も、世界各地の空港で見かけることがあります。 空港で見かけるだけでなく、現役で飛んでいることもあるので、その完成度の高さには驚く人がとても多いです。

イギリスとフランスが技術を集結して作られた、超音速旅客コンコルド。 高度60000フィートと通常の2倍の高さを、マッハ2と通常の約2倍ほどの速さで飛ぶこの機体は、1969年に初フライト。 その凄さから世界各地から発注があったのですが、当時のハイテクを結集していたので、開発費用の高騰や開発の遅延によって量産機を16作って生産中止となりました。

2000年7月25日に起きた事故により、コンコルドは引退せざるを得なくなりました。 この事故は滑走路にあったタイヤ片が主翼下の燃料タンクを直撃、そこから引火し制御不能となった悲惨なものです。 経済的な理由もあり、2003年11月に全機引退となりました。

他にも、飛び立つときに黒煙を上げていく旧ソビエト連邦の3発エンジン機ツポレフ154。 エンジン音が凄まじく、乗っている人はびっくりするほどです。 低騒音の離着陸。高速で巡航など優れた性能を持つカナダのDHC-8 -400 Dash 8Q。 QはQuietのQを指しています。 さらに他の旅客機と比べ低燃費という特徴を持っています。

更新情報・お知らせ

2014/07/08
カッコいい飛行機の写真新しくしました。NEW

ブックマークサイト

GPSレンタルの価格で勝負できます
価格が安くても性能は高性能なGPSを用意しています

スラリーポンプのリーディングカンパニー
【ラサ商事】は直販体制で多様なご要望に提案します

【中古車査定どこがいい?】で高価買取を目指す
高く売る方法や業者別の買取り体験談も

高校留学で日本では得られない経験を
限られた年齢でしかできない事をさせてあげたい